スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) コメント(-)

石川遼、苦手1番H克服へ一本足打法

宮里優/宮里藍に教えてきたこと。 ザ・宮里ゴルフ世界流特別編
 石川遼(16)=杉並学院高1年=が一本足打法で活路を見いだした。男子プロゴルフツアーの三井住友VISA太平洋マスターズは8日から4日間、静岡・太平洋クラブ御殿場C(7246ヤード、パー72)で行われる。プロツアー5戦目を迎える石川は7日、練習ラウンドで最終調整。苦手とする1番パー4では左足を上げてティーショットに臨むことを宣言した。

 苦肉の策が奏功した。459ヤードの1番。石川はバックスイングで左足を1、2センチ上げ、右足に全体重を乗せてからフルスイング。ボールはフェアウエーを捕らえ、飛距離も320ヤードを越えた。
最新宮里藍情報は・・・宮里藍人気ブログランキング
「効果があった。試合でやっても大丈夫だと思います」一本足打法に会心の笑みを浮かべた。

 予選落ちした10月のプロツアー2戦とは違ってティーショットは安定してきたが、打ち下ろしで左ドッグレッグの1番だけは、6度のラウンドですべてフェアウエーを外していた。「どうしても立ちにくいみたい」と父・勝美さん(50)。荒療治として考えたの、一本足打法だった。テークバックで軸足にしっかり乗った体重が、ダウンスイングでは左へスムーズに移動。自然と体の切り返しが行える。手で合わせにいかないよう練習はしていたが、コースで使ったのは初めて...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


【御買得に!】【送料無料※沖縄除く】【宮里藍使用モデル!】オデッセイ ホワイトスチール 2...


◆宮里藍関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません



タグ : 
スポンサーサイト



トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。