スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) コメント(-)

桃子 記録更新に向けて気合の2位浮上

江連忠オンプレーン・ゴルフスウィングの真実 パート1-基本- オンプレーンのメカニズム
 「LPGAリコーカップ」第2日(23日、宮崎県宮崎市宮崎CC=6455ヤード、パー72)、上田桃子(21)=加賀電子=が69で通算4アンダーとし首位に6打差ながら2位に浮上。単独4位以内なら昨年大山志保が獲得した最多年間獲得賞金額(1億6629万957円)を更新する新女王は、新たなターゲットを見据えて最終戦後半に挑む。不動裕理(31)=フリー=は69の通算10アンダーで単独首位を守った。
 「集中できなかった」という初日のプレーから、上田はしっかりと持ち直してきた。
最新上田桃子情報は・・・上田桃子人気ブログランキング
賞金女王に決まり“ふわふわした気持ち”があったが、前夜のうちに反省。「ここまできたら狙えるものは狙いたい」と、大山の持つ最多年間獲得賞金額の更新に照準を定めた。
 9番ロングでは、2打目を左上3メートルにオンしてイーグル。11番ではティーショットを林に曲げ、2打目は出すだけという状況からパーセーブした。「耐えるところは耐えられた」というメリハリのついたゴルフで2位に浮上した。
 不動との6打差は前日と変わらず「2位狙いだな」と笑わせたが、もちろんメジャー初タイトルもあきらめていない。3日目は「本当に強くて、尊敬してます」という不動と最終組で直接対決...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


江連忠の新モダンスウィングPart.1-Part.3 3本セット


◆上田桃子関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません



タグ : 
スポンサーサイト



トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。