スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) コメント(-)

総務大臣が日本通信とNTTドコモの3G MVNOについて裁定―ー両社のコメント

【NDSソフト】 ぽろろんっ!ドコモダケDS
 30日、総務大臣は、7月9日に日本通信から出されていた申請に基づき、同社とNTTドコモの相互接続に関する裁定を下した。

 申し立ては、日本通信が、3G携帯電話によるデータ通信サービスを行うためNTTドコモに対してMVNO方式による3Gネットワークへの接続を申し入れていたが、協議が不調に終わり、7月9日の裁定申請になったものだ。申請では、以下の5点についての裁定を求めていた。

1:MVNO(日本通信側)がサービス内容を決定できること
2:MVNOがサービス料金を決定できること
3:(ドコモへの)接続料金がエンドエンド料金として提供されること
4:(ドコモへの)接続料金は帯域幅課金とすること
5:接続に必要な(ドコモ側の)開発費用・期間が合理的な水準であること

 裁定では、これらのうち、2、3、4についてほぼ日本通信側の主張が認められた。
最新ドコモ情報は・・・ドコモ人気ブログランキング
つまり、日本通信が3Gのデータ通信サービスを行う場合、エンドユーザーに対する料金は日本通信が決定でき、その料金にドコモへの接続料を含んだ形で設定できる。サービス分とネットワーク接続分を分離した加算方式にしないということだ。そのネットワーク接続料金も帯域幅課金となるので、パケット定額などの方式がとりやすくなる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


☆1円~3set【12/24日迄】☆小さなボディに相手の声を伝えるスピーカーとマイクを内蔵!『Bluet...


◆ドコモ関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません



タグ : 
スポンサーサイト



トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。