スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) コメント(-)

2007年国内男子レビュー/若き新星の誕生と、5年ぶりの完全復活

プロスポーツ年鑑(2007年)
2006年度から5つものトーナメントが撤退し、賞金総額も約5億円の減少。これまでにない強い逆風の中で、2007年シーズンは開幕した。しかしシーズン序盤にして、日本男子ゴルフ界の歴史を塗り替え、さらに危機的状況にあった男子ツアーに光明を差す大記録が生まれる。第5戦「マンシングウェアオープンKSBカップ」で、当時15歳の高校生アマチュアが優勝。一夜にしてゴルフ界を代表するスターとなった石川遼が、衝撃的なプロツアーデビューを果たしたのだ。

新聞・テレビ・雑誌、各メディアは、こぞって稀代のニューヒーローを報道。
最新男子ゴルフ情報は・・・男子ゴルフ人気ブログランキング
その後はプロツアーに7試合出場し、予選落ちはわずかに2回。会場には、前年を大きく上回るギャラリーと報道陣が詰め掛け、“遼クンフィーバー”に沸いた。また、15歳でのプロツアー優勝が世界最年少記録としてギネスに正式認定。テレビ局のアナウンサーが命名した“ハニカミ王子”が「流行語大賞」に選ばれるなど、国内外で大きな社会現象をも巻き起こした。

一方、青木功、尾崎将司に並ぶ4年連続賞金王に挑んだ片山晋呉は、シーズン終盤でスパートを見せたものの賞金ランク2位で終了。代わって、最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で賞金王を確定させたのは、5年ぶりにタイトルを奪還した谷口徹だ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


プロスポーツ年鑑(2007年)


◆男子ゴルフ関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません



タグ : 
スポンサーサイト



トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。