スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) コメント(-)

関係者が暴露:「故障率30%のXbox 360、その原因」

【予約】 破壊神 久夛良木健という生き方(仮)
Susan Arendt『Xbox 360』をめぐる内部事情に通じており、このゲーム機の故障率について真実を知っていると主張する匿名の人物とのインタビューを、Jacob Metcalf氏が『8bitjoystick.com』に掲載している。情報提供者の信頼性を疑う人々に対して、Metacalf氏は次のように指摘する。「私は以前に米Microsoft社からBungie社が独立する記事を発表したが、正式な発表よりもまる1週間早く、すべての詳細を入手していた」。このことを念頭に置き、自分が適当と感じられる程度に割り引いて、次の話を聞いて欲しい。この情報提供者によると、Xbox 360のマザーボードの『基幹部分』に、不具合の原因となりうるものがいくつもあるため、有名な『Red Ring of Death(死の赤いリング)』が起きるという。
最新久夛良木情報は・・・久夛良木人気ブログランキング
原因のごく一部を挙げるだけでも、適切でない部品、タイミングの問題、不適切なヒートシンク、壊れた部品や足りない部品などがあるらしい。情報提供者はさらに続けて、ゲームの種類によっては故障が早く起きることも実際にあると述べている。帯域幅を多く消費するゲームでは、Xbox 360の温度が上昇する可能性があり、弱くなった接合部に負荷がかかる場合がある。優れたゲームであるほど、頻繁にプレイされるほど、問題はどんどん悪化していくという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


ソニーインサイドストーリー


◆久夛良木関連ブログ記事

関連のブログ最新記事はありません



タグ : 
スポンサーサイト



トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。