スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



トラックバック(-) コメント(-)

宮里藍の経歴その3


ゴルフ上達法革命 !!宮里藍も呆れるほどぶっ飛んでしまう 骨を使った直線運動上達法!!


宮里藍は、2005年から始まった、第1回ワールドカップ女子ゴルフ(南アフリカ)に
日本代表として北田瑠衣と出場し、韓国・アメリカ・オーストラリアなどの
強豪国を抑えて初代優勝国となる快挙を達成しました。

世界のメジャー大会では、初挑戦だった2004年7月末の全英女子オープンでは
予選落ちしましたが、翌年2005年には11位タイでフィニッシュし、
2006年の出場資格を獲得しました。

2005年度の女子メジャー大会第1戦クラフト・ナビスコ選手権で予選を通過し、
同年7月の最終戦全英女子オープンでメジャー自己最高となる11位に入りました。

2005年10月に開催された日本女子オープンゴルフ選手権競技で、
涙の公式戦初優勝を達成し、史上最年少となる20歳3ヶ月でのツアー通算10勝、
並びに同大会史上最年少優勝も獲得しました。

日本女子オープンゴルフ後も10月末の「樋口久子IDC大塚家具レディス」に優勝、
11月の「エリエールレディスオープン」で大会2連覇も達成した。

スポンサーサイト



トラックバック(1) コメント(-)

トラックバック

トラックバックURL
http://golfjouhou.blog96.fc2.com/tb.php/689-c790e9a4

元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法

椎間板ヘルニアでフルスイングが出来なくなってしまった 中年アマチュアゴルファーの...

2007年12月14日 情報商材・アフィリエイトで爆発的に稼げるネタを公開 infoclick

女子ゴルフ・男子ゴルフ~ゴルフ情報局~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。